業者選びに役に立つ水道工事・水漏れ・つまりに関連した業者をご紹介します。

水道修理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月18日 [FAQ]

汲み取り式トイレを水洗トイレにする工事は個人で依頼出来ますか?

祖父母が住んでいた田舎の家のトイレは未だに汲み取り式タイプで定期的に業者が汲み取りに来ています。その家に私の両親が引っ越して住んでいるのですが、このトイレの不自由さに悩んでいます。夏場はどんなに消臭剤を置いても匂いがしますし、それにより虫やハエなども集まりやすく、不衛生だと感じます。私が子供の頃は「夏休みに遊びに行く田舎の家」と言う感じで変なトイレであっても一時的な滞在であれば気にもしませんでしたが、毎日そこで暮らすとなると話は別です。周辺の家何軒かもいまだに汲み取り式のようです。下水道工事は単体の家でも出来るのでしょうか?
またどのくらいの費用がかかるのか目安まで教えて頂けると幸いです。

回答

下水道の引き込み工事は市町村や専門業者に確認・相談しましょう


汲み取り式トイレの水洗化や浄化槽から公共下水道への切り替え時には下水工事は必要になります。新たに下水道の引き込み工事をする場合、住宅近くの敷地内に公共下水道管の公認マスがあるかが重要なポイントになります。この工事の環境や配管状況によって工事費用が大きく変わります。お住いの市町村や専門業者へ下水道工事の確認・相談をされてある程度の費用相場を把握されるとよいでしょう。一般的に汲み取り式トイレから公共下水道に切り替える工事はトイレ自体のリフォームが必要になるため、その分、費用が高くなります。どのようなタイプのトイレ工事をするか業者に見積もりを取りながら、検討しましょう。これまでの汲み取り式トイレの匂いの問題や、害虫の発生を抑えられるため、衛生面でも水洗トイレにするメリットは費用以上であると考えられます。また、小さなお子様からご年配の方まで安心してご使用いただけることも外せません。
市町村によっては、快適な生活環境の確保・公共用水域の水道汚染防止及び浄化の促進を目的に、下水工事に対して助成金や補助金を交付しているところもあります。これを受けるには条件があり、必ず水洗トイレへのリフォームを実施すること、公設マスに接続する住宅が2戸以上あること、その他、市民税や固定資産税など個人の税金をきちんと完納しているかなどが挙げられます。お住まいの地域に下水道工事の補助金制度があるかどうかや条件などを確認してみましょう。場合によっては単体での工事が難しいかもしれません。周辺のお宅で水洗化を望まれるところがあるかもしれませんので、ご相談されるのも一つのアイデアでしょう。

PageTop